【一時帰国者体験談】コロナ期間で入国・隔離生活の状況、宿泊費を抑える方法を紹介!

【一時帰国者体験談】コロナ期間で入国・隔離生活の状況、宿泊費を抑える方法を紹介!

こんにちわ!Masaです。

お久しぶりでーす!!

やっとアイルランドから日本に帰国しました!

久々の投稿で帰国報告になるので驚いている方もいるかも知れませんね😂無事に帰国しましたよー!

アイルランドからオランダ・フランス経由便で日本に帰国しましたが、コロナ期間中ということもあり入国に必要な書類や飛行機の乗り換え(トランジット)、14日間のホテル隔離など水際対策が益々厳しくなってきており日本への帰国は徐々に難易度が上がってきているように感じました。

なので今回は僕が帰国する時に通った他の国の空港状況・用意した書類と3日間の政府が手配したホテル食事、14日間のホテル滞在でかかった費用・飛行機代etcを体験談を踏まえて、まとめてみましたのでこの情報をシェアしたいと思っています!

🌟帰国に必要な書類・持ち物🌟

・PCR検査証明書

PCR検査証明書(日本語フォーマット)

誓約書

質問票(QRコード)

・パスポート

・飛行機のチケット

この上記の書類等は日本に入国時に絶対に必要になるので帰国する前に前もって準備しておきましょう!

質問票(QRコード)は印刷しなくてもスクリーンショットで大丈夫でした!

🌟注意事項🌟

COCOAとLOCATORの2つのアプリをスマートフォンもしくはIPhoneにダウンロードする必要があります。

IPhoneはOS13.5〜,Android端末でAndroid 6.0〜ダウンロード可能なので帰国する前にソフトウェアを最新のバージョンにアップデートしておくことをお勧めします。

 

日本に入国までの流れ

この写真はCork空港まで送ってくれた友達と最後に撮った写真です!

僕はアイルランドからオランダ・フランス経由で日本に帰国しました。

今回使った航空会社はAir FranceというLCCフラッグキャリアの飛行機会社でチケットを購入しました。

¥ 90720-でした。あまりにも格安だったので、てっきりLCCだとばかり思ってましたが違いました^^;

ちなみに乗り継ぎは3回でした。

 

🌟アイルランド空港の様子🌟

アイルランドの友達の車で11時半に空港到着。

もうガラガラ!

アイルランドの空港内はかなり閑散としていました。

それもそのはず。

アイルランドのCorkから国外の飛行機はたったの3便だけ。

ちなみに僕のアイルランド→オランダの出発予定時刻は1305発でした。

免税店は閉まっているものだとばかり思ってたのであまり期待していなかったのですが、

普通に営業していました!ラッキー

お土産購入もできました!

心配症の僕は空港に到着するのちょっと来るの遅かったかなぁ〜って思いましたが、チェックインカウンターは並んでいないどころか空港内に人の気配が感じられないほど静かで、時間的に余裕でお土産も買えてオランダ行きの飛行機に無事に乗り込むことができました!

 

🌟オランダ空港🌟

オランダ空港に着いた瞬間。

あまりの広さにビビりました。

お陰様で着いた瞬間、迷子になりました。

オランダ空港のシステムは初めてだったのでどうすればいいのか分からなかったのですが、空港のStaffに案内してもらい乗り継ぎの場合は入国検査を受ける必要は無く、そのまま出国検査を受けトランジットエリアに行けば良いとのことで非常に良いシステムでした。

ただ空港内はかなり広くて、オランダは英語圏では無いのでスタッフに道を尋ねても英語が通じなかったりします💦

 

🌟パリ空港🌟

オランダからフランスのパリ空港に到着後、PCR検査証とパスポートの提示が必要でした。

オランダ空港と同様にトランジットエリアを移動するので出国検査だけでした。

トランジットエリア内とはいえ非常に大きく

コークやオランダよりも多くの人が空港内にいました。

ここからチラチラと日本人が待合席に現れ始めます。

日本を離れて1年と2ヶ月。

久々に日本語が聞けてちょっとだけ感動しました。

 

🌟フランス→日本🌟

機内食は2回だけでした。

1回目(搭乗後1時間後)

まさかのビール付き!しかも味噌汁まで。.。

ちなみに余談ですが、ヨーロッパのHeinekenは4.2%で少し薄味のビターな味わいなのに対して

日本のHeinekenは

アルコール度数5%

味はマイルドで飲みやすく日本人向けに品質改良されています。

久々の日本食とビールで満足してます。

 

2回目の機内食

あったかいパンとジュースでした。

写真なしです。すいません撮り損ねました💦

 

🌟関西国際空港🌟

搭乗時間は約12時間で大阪空港に到着。

大阪空港に到着したら、まず書類の確認・提出とPCR検査が待ち受けました。

・1740に到着して→PCR検査

・ホテルに着いたのは2030でした。

PCR検査と書類の確認で大体2時間ぐらいでしたが、ホテルまでバス移動やホテルの部屋の配分は帰国者全員まとまって動くことになるので結局3時間ぐらいかかってしまいました!

 

日本政府が用意してくださったホテルはこちら↓

ホテル日航

僕の部屋はツインベット。

ネットで調べたところ大体1泊1,5〜2万前後します。

自分ではきっと予約しないであろうかなり良質のホテルを手配して頂きました!

到着時のお弁当はこちら↓

機内食の昼飯が無かったのと3時間の待ち時間でかなりお腹が減ってました。

カップラーメンは1日目のみ連絡すれば貰えます。↓

久々のカップラーメンはやっぱ美味しいですね!

 

・帰国2日目(隔離生活1日目)

到着した昨日の夜は時差ボケで全く寝れず、けっきょく朝食を食べてから17時まで寝てしまいました。

朝食(パン)

ちなみに日本の17時はアイルランドの時間帯で朝の8時です。

ばっちりアイルランドの生活が染み付いており時差ボケにがっつりハマりました。

 

この日はとりあえず次の宿泊先の移動手段としてハイヤーを手配しました!

公共交通機関のタクシー・バス・電車・飛行機などの移動は禁止されてるからです。

最終日のPCR検査は検査結果が出たらそのまま退出できるのでハイヤーをホテル付近に来てもらうように調整しました。

 

芝生タクシーの値段は1,4000円。(高速込みだと+1000円)

政府公認の送迎方法で一番格安だと思います。(詳細は後ほど)

 

昼食(サバ弁)

 

夜食(トンカツ弁当)

↓中身はこんな感じ

 

・帰国3日目(隔離生活2日目)

朝食(パン)

 

昼食(ハンバーグとエビフライ)

 

夜食(唐揚げ弁当)

 

・帰国4日目(隔離生活3日目)

朝起きてすぐにPCR検査のに唾液収集を行いました。

0730までに専用の容器に入れて提出でした💦

注意事項としては起床後、うがいや歯磨きをせずに寝ぼけながら唾液を一定量採取しなければなりません。

僕の場合は陰性判定だったので1時半に職員から電話連絡があり、17時にハイヤーに乗って退出しました!

⚠️隔離生活は帰国日の次の日から起算して隔離生活の日数が計算されますので、帰国日と隔離生活の日数は合いません。

ココがポイント

ここが良かった!

① スタッフが親切

空港の従業員やホテルのスタッフ、PCR検査員のみなさんはとても対応が親切。

 

② 弁当が美味しすぎる。

これは長期海外在住者あるある。久しぶりの日本食は最高です。

 

③ 3泊4日間ホテルが無料

ホテル日航なんて高級ホテル自分では中々泊まれません。非常に有難いです。

 

ココがダメ

ちょっと不満なところ

① お弁当のご飯が足りない。

今まで海外で生活していたら分かると思いますが、結構なキングサイズです。お弁当が美味しすぎる反面、つい早口で食べてしまいご飯が少なく感じました。特に夜間は17時に弁当が届けられますが、それをすぐに食べてしまうと、次の日の朝7時まで朝食がありません。約14時間も空いてしまいますから深夜になるとお腹が空きすぎて寝れませんでした。

② 電子レンジがない

無料で提供されている食事に全く不服はありません。でもこんなに美味しいご飯、せっかくなら温めて食べたかったです。まぁこれ以上スタッフさん達の手間を取らせるワケにはいきませんので。。これはあくまでも僕の願望です。

③ 3日後の移動手段は各自で調整。

バス・タクシーが使えないので自分でハイヤーを手配しないといけません。

コレだけで大体3万円します。

公共交通機関の禁止と言いつつも法的力はありません。

つまり政府からのお 願 いということです。

3万円のハイヤーを呼ぶのはもはやお願いのレベルじゃない・・・。

そこまで徹底したいなら離隔者向けのシャトルバスやハイヤーの手配もお願いしたいんですけど・・。

ちなみに成田空港では離隔者向けのシャトルバスや電車を利用できますから。

 

ホテル代無料で食事まで準備してもらっておきながら言うのもなんですけど💦

日本人の僕ですらこの隔離生活に違和感を感じてしました。

オリンピックの受け入れ準備を控えているのならば尚更、改善すべきかと思います。

 

隔離生活でかかる料金

僕が帰国時に隔離で滞在でかかった費用はこちらです↓

・宿泊費 ¥ 44525-

・ハイヤー代  ¥ 14,000-

総額料金 ¥ 58,525

僕は格安ハイヤーを探すのに2日かかりました💦

これでも『高いなぁーっ』て思われた方もいると思いますが、一時帰国のサイトを利用するとホテルの宿泊代だけで約15万程請求されてしまいますので自分で宿泊場所を予約することにより格安で料金を抑えることができます。

 

ポイント

🌟2021/4/24時点🌟

・現在、水際対策が変更されて3泊4日(最初の3日間)は政府の準備するホテル。

・残りの12泊13日(残り11日間)は自分で準備する必要があります。

この計算は到着日を含んでの計算になっているので合計で15日泊になってます。

到着の次の日から起算する14日間の滞在になります。

 

帰国時の料金を抑える方法

隔離期間で必ず必要な出費として

・ハイヤー代

・ホテル代(12泊13日)

が必要経費としてかかってきます。先程も書きましたがコロナの水際対策により帰国した次の日から起算して14日間の自己隔離を強いられるわけです。3泊4日は政府がホテルを手配してくれても、残りの12泊は自分で宿泊場所を手配しないといけないわけです。

🌟簡単な計算式🌟

普通の広いホテルで大体1泊1万ぐらいと計算してまぁざっくり

12万・・・・。(12日×1万の計算)

実家が広くて私有車もあり、泊まっても家族に迷惑がかからないのなら全然良いのですが、僕のように実家がアパートで車のような高級品持っておりません。

この隔離期間をホテルなどの宿泊施設を前もって予約する人が大多数じゃないのかと思います。

 

🌟一時帰国サイトで宿泊場所を予約した場合🌟

松井テクノロジー株式会社見積もり↓

98,550円・・・。

Feel Japan株式会社見積もり↓

13万・・・。

一時帰国の宿泊場所を業者にお願いすると10〜15万程もかかってしまいます。

自分で同じ物件を予約したほうが断然安く済みます。

こうやって帰国者の足元をみるサービスはあまり気持ちよくありませんね。

 

僕が如何に帰国時の料金を抑えたかを紹介します。

 

お金を抑える方法その1 関西空港にする。

大阪といえば今や1日の感染者が1000人を超えており、この方法は賛否両論あることを重々理解していますが、僕のようにどうしてもお金が無くどうにか安く抑えたいという人向けの方法です。

値段を抑えるという点にフォーカスしているのでご了承お願いします。

👉なぜ関西国際空港が良いのか?

関西国際空港の周りは比較的宿泊施設が多く、成田よりもホテル・民泊の数が圧倒的に多く断然広くて安いからです。

正直、成田空港周辺で12日間も宿泊するとホテル代だけでも余裕で15万以上はかかります。

成田付近には日航ホテルなど高級ホテルしかありません。

僕のような貧乏人でも泊まれるホテル・貸切アパートの民宿はほとんどありません。

大阪の感染者が多いと言われても結局、隔離期間は行動が制限されているわけですから感染のリスクはありません。

 

お金を抑える方法その2 Airbnbの利用

https://abnb.me/e/cV4icpDqSfb

ホテルよりも民泊の方が断然安いのはご存知でしょうか?

今までにAirbnbを利用したことはありますか?

使い方は非常に簡単です。

Airbnbとは民泊と言ってホテルとは違い個人経営されている宿を紹介しているサイトです。

ホテルより安くアパート一室を借りれたり、それこそ家族で旅行するなら1軒屋を丸々格安で貸し切ることも出来ます。

BookingやExpediaとほぼ使い方は同じで

自分に合わせて料金設定も出来るので格安で宿泊施設を探すことが出来ます。

こちらからどうぞ↓✌️

https://abnb.me/e/cV4icpDqSfb

 

Airbnbのメリット その①

民泊側も帰国者向けのお部屋を貸し出しているので、ほとんどはチェックイン時が自動チェックインの方法を採用しており

当日にメールでパスワードが送られてきます。

コレは鍵の代わりに玄関の入り口にパスワードを入力して対面を避けています。

この方法ならホテルなどの対面式チェックインよりもコロナに関していえば対策されていると思います。

 

Airbnbのメリット その②

アパートもしくは1軒屋をまるまる格安で借りることができます!

早めに予約してしまえば割引も効いて安い物件だと

11泊でも2万円台〜あります。

 

僕が隔離場所に選んだ物件はこちら↓

総額44,525円でした。

もちろん、キッチン・洗濯機も付いてます。

実際に泊まって見ると1ルームのアパートでしたが、5万円を切る値段設定は破格すぎる・・・。

Airbnbならホテルより断然に安く宿泊場所を探せますしめっちゃ広いです。

キッチンも付いているので食品をデリバリーなどを利用して届けて貰えば11日間の食費も抑えることができます。

ココがダメ

ドミトリーや共用バスルームなどのバックパッカー向けの宿泊場所は政府の出しているガイダンスに反しているので、間違えても予約してはいけません。

 

Bookingも併用しましょう!

Airbnbだけ十分安いんですが、同じ物件がBookingにも投稿されている可能性があります。

同じ物件でもBookingに掲載されている可能性があり同じ物件でもさらに1〜2割ぐらい安いです。

ただBookingはホテルをメインで紹介しているので民泊の数が少なく見つけづらいというデメリットがあります。

最初にAirbnbで民泊を検索してBookingで同じ物件を比べてみた方が絶対いいですよ!

 

お金を抑える方法その3 ハイヤーの利用

僕のお勧めの方法は芝生タクシーのハイヤーです。

このハイヤーを利用すれば国際空港から大阪市までなら14940円(内940円は橋代)で行けます!

もし高速利用の場合は別途+1000円かかります。

また公共交通機関の制限もありますので政府公認のハイヤー会社の中でも一番格安でした。

ハイヤー比較表↓

会 社 名 料 金(大阪市内)
柴山タクシー 14,940円
国際興業大阪ハイヤー 16,800円
日本交通 24,820円+立替金(6,000円)

⚠︎大阪市でも場所によっては料金が割増になったり高速料金、回送料金、駐車料金等は別途発生する可能性があるので直接メールで確認した方がいいです。

また柴山タクシーは業界最安値保証なので、関西空港区間でもし他の会社よりも高い場合は交渉できます。

 

最後にアイルランドの感想

こんなに偉そうに語っていますが僕もまだ隔離生活中です😂

予定外にもアイルランドに1年2ヶ月、長い滞在をしてしまいました。

僕が帰国すると聞いてシェアメイトや友人が小さいなホームパーティーを最後に開いてくれました。

この思い出は僕の一生の宝物です。

最後まで空港に見送りに来てくれてありがとう!

僕もまだまだ英語は下手くそですが今後も英語の勉強を続けていくつもりです。

次会う時はみんな成長した姿で会いたいですね!

最後までご購読ありがとうございました!

-アイルランド

© 2021 Masa Blog